空気から水を作るウォーターサーバーの安全性について

空気から水を作るウォーターサーバーは、内部の吸着フィルターで水分が含まれる空気を通過させヒーターで温めることで水分は蒸発する、外気の温度の差により乾いた空気と水に分離されて、分離した水は空気から水を作るウォーターサーバー内のろ過フィルターで不純物を含まない水として取り出すといった仕組みを持ちます。空気には水分も含まれますが、花粉やPM2.5、ウィルスなどさまざまな不純物が含まれているので、このような物質が含まれている水は安全性の確保ができないのではないか、このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。空気から水を作るウォーターサーバーは、ろ過フィルターや日本製の抗菌剤を使っていること、空気を通すための吸着フィルターにも国内製のものを使っているので安心です。ちなみに、このようなウォーターサーバーは日本だけでなく海外のメーカー製の製品もあるようですが、中には粗悪な製品もあるといわれており購入の際には注意が必要です。

なお、空気から水を作るウォーターサーバーは電化製品に含まれるもので電気用品安全法のPSEマークの対象です。PSEマークを取得していない製品は、電気用品安全法の法令に則った製品ではないことから火災や電気トラブルといったリスクもありますので注意しなければなりません。日本国内の工場で生産が行われている、フィルターなども国内製でありPSEマークを取得している製品を選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です